メニュー

悩みから探す

しみ・そばかす・肝斑

しみと一言で言っても様々な種類がありますので当院では皮膚科専門医がダーモスコピーという拡大鏡を用いて診察を行っております。
しみの種類によって治療法は異なりますので、まずはしっかりと診断をつけることが大切です。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

中年以降の男女に生じます。主に顔や腕、手の甲など紫外線が当たる部位にできます。薄い茶色で境界がはっきりとした円形のシミです。

そばかす

遺伝である場合が多く、3歳頃から頬、首、腕などの紫外線が当たりやすい部位に、直径3㎜程度の丸いシミが多発するようになり、特に紫外線の強い夏に悪化する傾向があります。

そばかすの治療

肝斑(かんぱん)

30~40代から発症し、頬や口の周りに左右対称性にみられるシミです。

原因として、妊娠、薬剤(ピル、抗てんかん薬など)、皮膚への刺激(洗顔時にゴシゴシ洗うなど)、紫外線などが挙げられます。紫外線により、夏は悪化し、冬に軽減します。

・肝斑の治療
肝斑の治療に効果の高いトラネキサム酸の内服を中心に、次のような治療を組み合わせて行っております。

注意:レーザーの種類によっては肝斑の症状を悪化させることがありますので、注意が必要です。