メニュー

悩みから探す

酒さ・赤ら顔

酒さとは、若年者の繰り返す顔面のほてり感や発赤を初期症状として、次第に鼻や頬を中心に持続性の赤ら顔を形成するようになります。
慢性化するとニキビのような赤いブツブツや膿をもったブツブツを伴うようになります。
酒さの要因としては遺伝的要因、日光暴露などが示唆されています。

「酒さ」の症状

「酒さ」は以下の4型に分類されていますが、必ずしも明確に分類されるものではありません。

・紅斑毛細血管拡張型(第1度酒さ)
最初は短時間ですが、次第に持続的(数時間から数日)になる顔の赤みや毛細血管拡張が特徴です。顔の赤みは、鼻から放射状に頬や眉間に広がります。皮膚の刺激感、ほてり、かゆみなどの症状が現れます。

・丘疹膿疱型(第2度酒さ)
毛穴の部位に赤いブツブツや膿をもったブツブツが生じます。

・瘤腫型(第3度酒さ)
ごく少数の例が鼻瘤(びりゅう)を最終的に形成するようになります。鼻が凹凸不整に隆起して、皮膚が厚くなります。

・眼型酒さ(第4度酒さ)
眼囲の腫脹や眼瞼・眼球結膜の充血や炎症を伴います。

酒さの増悪因子

激しい温度差、紫外線、過度の洗顔、熱い飲み物、香辛料、アルコール、ストレスなどが挙げられますので、これらを避けるようにしましょう。特に、低刺激な洗顔料で優しく洗顔し、適切な日焼け止めを使用することが重要です。

酒さの外用療法

酒さは慢性的に経過しますので、治療のゴールは酒さの不快な症状を最小限にし、副作用の少ない治療を継続することです。残念ながら本邦では、酒さに有効かつ保険適応のある外用薬がありません。

1%メトロニダゾール軟膏は、海外ではFDA(アメリカ食品医療品局)で承認された第一選択薬です。しかし、本邦では保険適応外となっており入手も困難なため、当院では試薬を購入して自費にてご提供しています。

1%メトロニダゾール軟膏の有効率は50~65%とされています。

日本の臨床試験でも、1%メトロニダゾール軟膏の有効性と安全性が確認されております。

≪詳細≫2009~2014年までの6年間に1%メトロニダゾール外用で治療した35名(第1度酒さ25名,第2度酒さ10名)に対し,1%メトロニダゾール外用のみで治療した「単独群」と抗生剤を併用して治療した「併用群」に分け治療効果を解析しました。

結果:第1度酒さの奏効率は83.3%、併用群は85.7%、第2度酒さの奏効率は50%、併用群は83.3%でした。

ほてり、赤み、丘疹膿疱、毛細血管拡張、かゆみ、乾燥などの症状においては丘疹膿疱に対する効果が最大で、毛細血管拡張や乾燥には無効でした。

併用群では、抗生剤の使用を減量・中止できる症例が41.2%あったことから、抗生剤の減量効果も期待できることがわかりました。

「酒さ35症例に対する1%メトロニダゾール外用の有効性の検討」

札幌医科大学医学部皮膚科学講座 菅 裕司 ほか 日皮会誌:125(3),419-426.2015より

また、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏の長期使用が原因で生じる「酒さ様皮膚炎」の治療においても、1%メトロニダゾール軟膏の有効性が確認されております。

院内外用薬(酒さ、多汗症)の料金表はこちら

効果発現機序

抗炎症作用、免疫抑制作用など。

主な副作用

接触皮膚炎(赤み、かゆみ)など。

これらの症状がみられたら、使用を中止して医師にご相談ください。

注意点

妊娠中、授乳中は使用できませんのでご注意ください。

酒さの内服療法

・抗生剤
テトラサイクリン系の抗生物質を内服することにより、酒さにおいては皮膚の微小血管においてサイトカインの産生を抑制する作用があります。また、抗酸化作用なども報告されています。

丘疹膿疱型(第2度酒さ)について、海外で行われたドキシサイクリン(テトラサイクリン系の抗生物質の一つ)40㎎徐放剤を用いた臨床試験では、皮膚症状が有意に減少しました。ドキシサイクリン40㎎徐放剤は、本邦では未承認の抗菌作用の持たない徐放剤であり、本邦で承認されているドキシサイクリン50㎎とは異なるものです。メトロニダゾール外用下で使用した、ドキシサイクリン徐放剤40㎎とドキシサイクリン100㎎の有効性に差はないとする報告があることから、当院では難治性の酒さに対してドキシサイクリン100㎎を1~2か月間処方いたします。

・漢方薬
紅斑毛細血管拡張型(第1度酒さ):黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、温清飲(うんせいいん)、葛根紅花湯(かっこんこうかとう)などを併用します。

丘疹膿疱型(第2度酒さ):オウヒを用いたクラシエの十味敗毒湯、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、百虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)などを併用します。

酒さのレーザー治療

当院では厚生労働省より承認を得ているジェントルマックスプロを使用しています。

ジェントルマックスプロは、2波調のレーザーが一台に搭載されている最新のレーザー複合機です。

  • メラニンに反応するロングパルスアレキサンドライトレーザー
  • 皮膚の深いところまで届き、毛細血管にも作用するロングパルスヤグレーザー

酒さの治療では、ロングパルスヤグレーザーを用います。レーザー光をシャワーのように肌に当てることで、表皮に損傷を与えず、深部の毛細血管に作用して赤みを改善します。

※自費診療になります。