メニュー

一般皮膚科

イボ

ヒトパピローマウイルスというウイルスが皮膚の小さな傷から侵入して感染します。

傷ができやすい手足、子供のやわらかい皮膚など、ウイルスが定着しやすい状態で起こります。
症状としては、最初は平で小さく、徐々に大きくなって盛り上がり、表面がざらついて硬くなりますが、自覚症状はほとんどありません。
潜伏期間は1~6ヶ月で、放置すると他の部位にうつったりすることがあります。

イボの治療

イボを見つけた際は、数が少ないうちに皮膚科へご相談ください。
液体窒素による凍結療法を行ないます。1~2週間おきに治療し、治るまで3ヶ月以上かかります。
足の裏などの治りにくいイボに対しては、ヨクイニン(ハトムギ種子抽出物)内服、サリチル酸ワセリン外用、モノクロロ酢酸外用などを併用することがあります。
当院ではスプレー式の液体窒素療器を使用しています。液体窒素をスプレーで圧力をかけて噴霧するため、痛みは少なく、安全性・機能性に優れた治療法です。

日常生活の注意点

  • ・「イボ」をいじると広がることがありますので、触らないように気をつけましょう。
  • ・カサカサした肌、細かい傷にウイルスが付着しやすいので、保湿剤を外用するなどのスキンケアを行なって下さい。
  • ・放置せず、定期的に通院しましょう。