メニュー

一般皮膚科

ホクロ、皮膚のできもの

ホクロは皮膚の良性腫瘍です。

新しくできたホクロで急激に大きくなったもの(直径5ミリ以上)、足の裏のホクロは悪性の可能性もありますので、ダーモスコピーという特殊な拡大鏡を使って良性か悪性かどうかを鑑別することが大切です。皮膚科専門医による診察をお勧めします。

ホクロ以外にも皮膚腫瘍は数多くあります。また、シミと一言で言っても様々な種類がありますので当院ではダーモスコピーを用いて診察を行っております。
必要に応じて皮膚生検による病理組織検査を行っております。

ホクロ、皮膚のできものの治療

良性であれば取り除く必要はありません。
悪性が疑われるものは日帰りで外科的切除を行います(保険適応)。また必要に応じて高度医療機関にご紹介します。
ホクロができた場所や大きさなど、見た目が気になるという場合は自費診療になります。当院ではエルビウムヤグレーザーによる治療を行っております。
エルビウムヤグレーザーは水に吸収されやすく(炭酸ガスレーザーの約10倍)、周辺の正常組織への熱影響がほとんどなく、凝固層ができないため、傷の治りも早くて傷跡も目立ちません。
治療中の痛みが少ないのもエルビウムヤグレーザーの特徴です。
ホクロ以外にも、顔や首のイボの除去にも適したレーザー治療です。