メニュー

一般皮膚科

アレルギー検査

アレルギーには即時型(すぐに症状が現れるもの)と、遅延型(ゆっくりと何日かかけて症状が現れるもの)があります。
アレルギーの原因をしっかりと調べて治療にあたることで早期改善が期待されます。

【血液検査】

目的によっていくつかの検査があります。

①非特異的IgE抗体
アレルギー体質かどうかを判定します。

②View39
何に対してアレルギーをもっているか判定します。
アトピー性皮膚炎、じんましん、アレルギー性鼻炎、喘息などの症状を引き起こしている原因を調べることができます。
View39は一度の採血で39種類のアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を調べることができます。検査費は3割負担で約5,000円です。その他、診察料がかかります。

吸入系アレルゲン
<吸い込んで体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>

  • ・室内の塵:ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト
  • ・動物:ネコ、
  • ・昆虫:ガ、ゴキブリ
  • ・樹木:スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
  • ・草:カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ
  • ・カビ:アルテルナリア(スズカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア、ラテックス

食餌系アレルゲン
<食べて体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>

  • ・卵:卵白、オボムコイド
  • ・牛乳:ミルク
  • ・小麦:小麦
  • ・豆、穀物、ナッツ類:ピーナッツ、大豆、そば、ごま、米
  • ・甲殻類:エビ、カニ
  • ・果物:キウイ、りんご、バナナ
  • ・魚、肉類:マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉

③TARC
アトピー性皮膚炎の重症度の評価に有用な血液検査です。TARCの値は、現状のアトピー性皮膚炎の状態を反映しますので、重症度の評価には有用な検査です。
皮膚症状がよくなっていても、TARCが高値を示すときには炎症が残っていることがわかり、定期的に検査を行うことで、適切な治療法を認識することができます。

【パッチテスト】

かぶれなどの遅延型アレルギーの原因を調べる検査です。
肌(主に背中や腕の内側)にシールを貼り、3日目、4日目に紅斑が出るかどうかで判定します。当院では原因物質を一度に24種類検査できる「パッチテストパネルS」を取り扱っております。
検査費は3割負担で約5,800円です。その他、診察料がかかります。

調べられる項目

No.原因物質種類注意すべき生活用品
1ニッケル金属アクセサリー、歯科金属など
2ラノリン油脂化粧品、塗り薬など
3フラジオマイシン医薬品医薬品
4クロム金属革製品、歯科金属など
5カインミックス医薬品塗り薬、局所麻酔剤
6香料ミックス香料香水、化粧品、シャンプーなど
7ロジンロジンインク、ワックス、化粧品など
8パラベンミックス防腐剤食品、化粧品、シャンプーなど
9ペルーバルサム樹脂香料、化粧品、アロマオイル、日焼け止めなど
10金属貴金属、アクセサリー、歯科金属など
11コバルト金属歯科金属、ファスナー、エナメルなど
12ブチルフェノール
ホルムアルデヒド樹脂
樹脂ゴム、革製品の接着剤など
13エポキシ樹脂樹脂電化製品の接着剤、コーティング剤
14カルバミックスゴム硬化剤ゴム製品
15黒色ゴムミックスゴム老化防止剤黒色のゴム
16イソチアゾリノンミックス防腐剤化粧品、シャンプー、ウエットティッシュなど
17メルカプトベンゾジアゾールゴム製品ゴム製品
18パラフェニルジアミン染料白髪染め、毛布などの染料
19ホルムアルデヒド防腐剤衣類の仕上げ剤、接着剤など
20メルカプトミックスゴム硬化剤ゴム製品
21チメロサール防腐剤ワクチンなどの注射用性剤
22チウラムミックスゴム硬化剤ゴム製品

パッチテスト検査においては1週間のうちに何度か来院して頂く必要があります。判定日が日曜日や祝日に重ならないように来院計画をたてます。
注意:背中や腕に貼ったシールが濡れてしまうと正確な診断ができませんので、夏は検査できません。検査中は汗をかく運動や入浴は控えてください。

検査日48時間判定72時間判定
月曜水曜木曜