メニュー

一般皮膚科

貨幣状湿疹

丸い形の湿疹がいくつも現れ、強い痒みを伴う症状を貨幣状湿疹と言います。

貨幣状湿疹

丸い形の湿疹がいくつも現れ、強い痒みを伴います。形がコイン(貨幣)に似ていることから貨幣状湿疹と呼ばれています。とくにすねの部位に現れ、次第に腕や背中などに広がっていきます。症状が長く続くと突然全身に強い痒みのある湿疹がたくさんできます。これを自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)といいます。これは貨幣状湿疹に対する二次的なアレルギー性皮膚炎です。

貨幣状湿疹の原因
皮膚の乾燥が原因になることが多く、秋から冬にかけて悪化します。
虫刺され、接触性皮膚炎(かぶれ)、金属アレルギー、扁桃腺炎や虫歯などの細菌感染が原因になることもあります。

貨幣状湿疹の治療
入浴後に全身に保湿剤を塗り、病変にはステロイド外用薬を使用します。痒みに対しては、抗ヒスタミン薬を内服します。
治りにくい場合は、病巣感染(虫歯、扁桃腺炎、副鼻腔炎など)や金属アレルギーの関与も考慮し、それらの検査を行う場合もあります。

日常生活の注意点

  • ・乾燥により再発することがありますので、症状が良くなっても保湿剤を塗り続けてください。
  • ・入浴時にナイロンタオルでこすらないように気をつけてください。
  • ・血行がよくなると痒みが強くなりますので、アルコールや香辛料の摂取を控えてください。