メニュー

一般皮膚科

円形脱毛症

円形脱毛症はコインのように円く脱毛する単発型が基本ですが、一ヵ所と限らず多発することもあります。
ときに頭全体の毛が抜け、さらに全身の毛が抜けることもあります。
頭全体のとき全頭型、全身のとき汎発型、少ない型ですが、頭髪の生え際が帯状にぬけるとき蛇行型といいます。

円形脱毛症の原因

ストレスなどによって発症する自己免疫疾患説(自身のリンパ球が、自分の毛根を攻撃してしまう)が提唱されています。
アトピー性皮膚炎や甲状腺の病気を伴う患者さんもいます。
円形脱毛症には、甲状腺疾患、尋常性白斑、SLE(全身性エリテマトーデス)、関節リウマチなどの自己免疫性疾患を合併することもあります。
急速に進行する場合は採血検査をして原因を検索します。

円形脱毛症の頻度、好発年齢

円形脱毛症の頻度は人口の1~2%と推測され、この頻度は日本のどこでも、また米国でも同じで、社会情勢が変わっても変わりません。
また、患者さんの2割程度に家族内発生、つまり血縁の家族にも円形脱毛症があります。
円形脱毛症は人間では一定割合で必ずなる人がいて、また、なりやすい素質が遺伝しているようです。

円形脱毛症はどんな年齢でもなりますが、患者さんの1/4は15歳以下で始まり、全頭型や汎発型などのひどい脱毛も小児に多くみられます。
男女差はありません。

円形脱毛症の治療

日本皮膚科学会の円形脱毛症診療ガイドラインに沿って、​病気が始まってからの期間と脱毛面積に応じて治療法を決めていきます。

外用療法

円形脱毛症は自己免疫疾患と考えられており、ステロイド外用剤などの外用液が保険適応となっています。
局所の副作用に注意しながら外用療法を行います。

紫外線療法

紫外線の免疫抑制作用を利用して過剰反応をおこしている皮膚症状を沈静化させます。
当院では​エキシマ紫外線治療器​(保険適応)による治療が可能です。
エキシマ光線療法は従来の光線療法(ナローバンド)より更に効果が高いといわれる光線療法です。
当院で使用しているエキシマは有害な紫外線をカットするフィルターを搭載しており、1回の照射時間は十数秒という短い時間で済みます。
週に1〜2回程度、照射が推奨されています。
2020年4月より「円形脱毛症」が保険適応になりました。
3割負担の方で約1000円くらいになります。

ステロイドの局所注射

経過が長引く場合、脱毛部にステロイドを局所注射します。
ステロイドの局所注射は痛みを伴うことと、副作用として注射した皮膚が萎縮することがあり得ること、注射部分にだけ毛が再生することが難点で、広範囲な場合は不適当な治療です。

雪状炭酸圧抵療法

ドライアイスで脱毛部を軽く冷却する方法です。

全身療法

グリチルリチン、セファランチンの内服を併用する場合があります。

また、急速に拡大する場合はステロイドを内服します。
数ヶ月以上続けると糖尿病、高血圧など様々な副作用が生じる可能性がありますので、2~3ヶ月で内服を中止します。
​徐々に減らしながら中止していきますので、定期的に来院できない方には投与しておりません。
​また子供さんには成長障害を引き起こすことがあるので、使用できません。