メニュー

一般皮膚科

ニキビ

ニキビの主な原因

①皮脂の過剰な分泌
②皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の乱れによる毛穴のつまり
③アクネ菌などの増殖
④ホルモンバランスの乱れ

皮脂の過剰な分泌と毛穴の先がつまることで、毛穴の中に皮脂がたまって生じます。この状態を面皰(めんぽう)といいます。面皰の中はアクネ菌が増えやすく、炎症を起こして赤いブツブツしたニキビや膿がたまったにきびを引き起こします。
小学校の高学年から中学生にかけてでき始め、高校生の頃に最も悪化し、その後少しずつ軽快してきます。顔だけではなく、首や胸、背中にも広がります。

ニキビの治療

症状に合わせて治療薬を組み合わせていきます。

【ニキビの外用薬】
・ディフェリン
皮膚の角化を調整し、毛穴のつまりを改善します。即効性はありませんが、長期間外用することによりニキビの予防効果が期待されます。
注意:妊娠中、授乳中はご使用できません。

・べピオ
殺菌作用によって、ニキビの原因菌を殺菌します。さらに、ピーリング作用により毛穴のつまりを改善します。即効性はありませんが、長期間外用することによりニキビの予防効果が期待されます。

・エピデュオ
ディフェリンとべピオを配合したお薬です。
ディフェリンは皮膚の角化を調整し、毛穴のつまりを改善します。
べピオは殺菌作用によって、ニキビの原因菌を殺菌します。さらに、ピーリング作用により毛穴のつまりを改善します。
注意:妊娠中、授乳中はご使用できません。

・抗菌薬配合の外用薬(デュアック、ゼビアックスローション、アクアチム、ダラシンなど)
ニキビの炎症を抑えます。
抗菌薬は長期使用により耐性菌が出現することがあります。炎症の強いニキビに対して短期間使用します。

【ニキビの内服薬】
・抗生物質(ルリッド、ビブラマイシン、ミノマイシンなど)
ニキビが多発し、かつ炎症の強い場合は抗菌薬の内服を併用することにより、ニキビ跡を残さないようにすることが大切です。
・漢方薬
長期間内服することにより、ニキビのできにくい体に整えていきます。漢方薬は一人一人の皮膚症状や体質に合わせて選んでいきます。

【面皰圧出】
専用器具を用いて、毛穴にたまった皮脂や膿を物理的に除去する処置です。

ケミカルピーリング(自費診療)
ケミカルピーリングは保険適応のない治療法ですが、治りにくいニキビに効果があり、日本皮膚科学会のガイドラインで推奨されています。

ニキビ予防のための生活習慣

・規則正しい生活リズム
夜更かしや睡眠不足は、ニキビなどの肌荒れの原因となります。

・バランスのとれた食生活
和食中心で栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

・ストレスをためこまない
過度な精神的ストレスはホルモンバランスを乱しますので注意しましょう。

・スキンケア
1日2回、洗顔料を泡立てて優しく洗うことが大切です。
ニキビを触ったり潰したりすると症状が悪化したり、ニキビ痕が残ることがありますので注意しましょう。
ファンデーションはパウダータイプのものを使用しましょう。
アイメイクやリップを強調することで、ニキビが目立たなくなるようにすると良いでしょう。