メニュー

一般皮膚科

タコ・ウオノメ

合わない靴を履くなどで足に圧力がかかり皮膚の角質が硬くなり痛みをおこす症状です。

タコ:足の皮膚の表面(角質)が広い範囲で均一に硬くなるもので、痛みはあっても軽いものです。
足の皮膚の一点に圧迫や摩擦が加わり続けることで生じるものです。

ウオノメ:足の皮膚の表面が厚くなり、その角質の中心が芯のように硬くなって皮膚の内側へと侵入していき、歩くときに痛みが生じます。
タコと同様、足の皮膚のある一点に圧迫や摩擦といった刺激が長い期間加わり続けていくと、やがて皮膚の角質が硬くなり、ウオノメを引き起こします。

どちらも同じ部分に強い圧力かかってしまうことが原因です。合わない靴はもちろんですが、足の骨の形、歩き方など様々な要素が関係していると考えられています。

タコ・ウオノメの治療

・器具によるタコ・ウオノメ削り
痛みがある部分を中心に削ります。ウオノメは角質の深いところまで食い込んでいますので、取り除く際は医療機関にご相談ください。

・靴の調整
足のある一点にかかる圧力を軽くすることが大切です。
靴や靴の中に敷くインソールを調整して再発を予防しましょう。

・運動療法
足全体を使った歩き方に近づけるためには足の指やすねの筋力が必要です。日常生活の中で簡単にできる運動を続けてタコやウオノメの再発を防ぎましょう。運動療法は外反母趾、開帳足のなどの骨の変形の進行を予防する効果もあります。