メニュー

一般皮膚科

脂漏性皮膚炎

皮脂分泌の活発な部位に出現します。乳幼児や思春期以降によくみられます。

乳児型:生後2~4週頃から頭部や眉毛、おでこ、耳に黄色いかさぶたが付着し、ときに赤くなります。多くは生後8~12ヶ月で自然に治まってきます。

成人型:頭部、顔、脇の下などの皮脂の分泌が盛んな部位に皮剥けと湿疹ができます。慢性かつ再発性です。癜風菌(でんぷうきん)という真菌が症状悪化因子として注目されています。

脂漏性皮膚炎の治療

乳児型:石鹸を泡立てて黄色いかさぶたを少しずつ取り除きます。赤い所には弱めのステロイド軟膏を外用します。

成人型:癜風菌(でんぷうきん)という真菌の増殖が悪化因子である場合が多く、抗真菌薬の外用、あるいは抗真菌薬を含んだシャンプーが効果的です。炎症が強い場合はステロイド軟膏の外用を併用します。痒みが強い場合は抗ヒスタミン薬を内服します。皮膚の代謝を整えるビタミンB2、B6の内服も有効です。

日常生活の注意点

  • ・できれば毎日入浴し、低刺激の石鹸(シャンプー)を使って、ていねいに患部を洗浄し、皮脂を取り除いてください。
  • ・皮脂分泌を高めたり、皮膚に悪影響を与えるような食品(脂肪分、糖分、ナッツ、コーヒー、アルコール、香辛料など)はとり過ぎないようにご注意ください。
  • ・便秘にならないよう、規則正しい食事をし、食物線維の多い物をとるように気をつけてください。
  • ・ストレス、過労、睡眠不足は増悪因子となりますので、規則正しい生活を心がけましょう。