メニュー

小児皮膚科

小児アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎です。
1歳頃までの乳児期で2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性といいます。また、多くはアトピー素因をもちます。

小児アトピー性皮膚炎の要因

①アレルギー反応を起こしやすい:気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のいずれかの家族歴・既往歴がある。
②もともと皮膚バリアー機能が弱い

アトピー性皮膚炎の治療
治療において大切なことは、皮膚科専門医の診察を定期的に受けることです。
子供の皮膚は薄くて未熟なので、外用薬による予期せぬ副作用が生じやすいためです。
また、子供は水いぼなどのウイルス性イボやとびひなどの皮膚病を併発することも多く、この場合は外用薬を変更しなければなりません。
皮膚を良い状態にコントロールすることでアトピー性皮膚炎の重症化を防ぎましょう。

自宅での治療では、①外用療法、②スキンケア、③悪化因子の対策が大切です。

①外用療法

  • ・症状が強い場合はステロイド軟膏と保湿剤を1日2回外用し、できるだけ早く皮膚炎を抑えます。
    子供の皮膚は大人に比べて薄いので、ステロイドの強さは大人よりも1ランク下げて選びます。
    ステロイドの主な副作用としては、塗布している部位の皮膚菲薄化、多毛、毛包炎などが挙げられますが、適切な部位に適切な強さのステロイド軟膏を外用すればほとんど現れません。
    症状が良くなってきたら1日1回に塗る回数を減らし、徐々にステロイドのランクを下げて、保湿剤を中心に維持療法を続けます。
  • ・顔や首などの皮膚の薄い部位は、タクロリムス軟膏(免疫抑制剤)が有効です。タクロリムス軟膏は2歳から使用できます。
    また、補助療法としては、かゆみによって掻き壊すことを防ぐ目的で、抗ヒスタミン薬の内服を行ないます。

②スキンケア
もともと皮膚バリアー機能が低下していますので、保湿剤を中心としたスキンケアが大切です。発疹のない部位や発疹が治った後に、保湿剤を十分に塗ることで皮膚の乾燥や悪化因子の侵入を防ぎ、皮膚を正常に保つことができます。また、入浴時は無添加の固形石鹸を泡立てて、手で洗うようにしてください。

③悪化原因の検索と対策
乳幼児では食物アレルギーが悪化原因である場合があります。
食物アレルギーは、血液検査、プリックテスト、食物の負荷試験などで判定します。3歳を過ぎると腸管が発達するため、約9割の食物アレルギーは自然になくなるといわれています。
また悪化因子の中には、環境抗原(ダニ、ホコリ、花粉、ペットの毛など)、皮膚への刺激(衣類・汗・髪・化粧品・シャンプーなどの接触や摩擦など)、ストレス、真菌(カビ゙)や細菌などが含まれます。
汗は放置すると痒みを引き起こしますので、早めに洗い流すことが大切です。
これらの悪化原因を見つけ出し、対策していくことが重要です。

日常生活の注意点

  • ・症状に合わせてステロイドの強さを調整していきますので、症状が落ち着くまではこまめに通院しましょう。また、良い状態を保つために、症状が良くなっても定期的に通院することが大切です。
  • かゆみが強いときは引っ掻いたりせず、濡れタオルなどで冷やすようにしましょう。
  • ・保湿剤の外用やスキンケア、プロアクティブ療法によって、炎症の無い状態を長く維持し、症状のない快適な生活を過ごすことが治療のゴールです。