メニュー

小児皮膚科

あせも

汗をたくさんかいた後に、皮膚に細かい水疱や赤いブツブツが現れる皮膚の病気です。
汗をたくさんかいた時に汗管(かんかん)という汗の出る管がつまり、汗の流出が妨げられることが原因です。
汗をかきやすい夏に多く、子供の頭、おでこ、首、肘の内側、お尻、膝の裏側などの汗が乾きにくい部分に生じます。
時として細菌感染を合併し、「とびひ」になることもあります。

あせもの治療

発汗への対策やスキンケアが大切です。患部にはステロイド外用薬を使用します。痒みが強い場合は抗ヒスタミン薬を内服します。また、細菌感染が加わっているときは抗生剤を内服することもあります。

日常生活の注意点

  • ・屋内であれば、通気をすることやエアコンの使用も有効です。通気性の良い服を着用し、汗をかいた後はなるべく早くシャワーを浴びる、冷たいタオルで拭く、着替えるなどの対策をして、あせもができないように気をつけましょう。
  • ・子供の皮膚は薄くてデリケートなので、皮膚のバリア機能を保つために、夏でもお風呂上がりに保湿剤を外用し、あせもを予防しましょう。